ベーグル

  • 2007.05.04 Friday
  • 19:19
ベーグル(英語Bagel, イディッシュ語 ”beygl, beygel”)は、発酵させた小麦粉の生地を輪の形にし、茹でた後に焼いて作られる食品 食べ物である。このような製造法により、柔らかくて詰まった内部と、焼き上げられてカリッとした外部という歯触りになる。焼きたての、オーブンから出てきたばかりのベーグルは大変に美味なことで有名だが、一方で味が落ちるのも早く、焼き上げられてから一日経過すると、堅くなって食べるのに適さなくなる。
素のベーグルに様々な味付けをしたバリエーションが存在する。ゴマ、ニンニク、ケシ 芥子の実、タマネギ、ライ麦や、それらの混合などである。また、生地にシナモンレーズンやプンパーニッケル、卵、サワードーなどを加えたバリエーションも存在する。ニューヨークでは、セント・パトリック・デイに緑色の食品によって着色されたグリーンベーグルを作る。
(Wikipedia:ベーグル)

パネトーネ

  • 2007.05.03 Thursday
  • 20:14
『パネットーネ』より : パネットーネ(伊:”panettone”)は、イタリアの伝統的な菓子パンのひとつ。ミラノの銘菓。クリスマスケーキとして、あるいはイースターに食べられる。
パネトーネ種の酵母を用いてゆっくり発酵させたブリオッシュ生地の中に、レーズン、プラム、オレンジピールその他のドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、甘く柔らかなドーム型の菓子パンのこと。
パネトーネとは「大きなパン」の意味。
賞味期限はおおよそ6ヶ月もあり、冬の季節を通して食べられる。
ちなみにドライフルーツが入らないものはパンドーロ(伊:pandoro)と呼ばれる。
シュトレン
ケーキ はねとおね
イタリアの食文化 はねとおね
(Wikipedia:パネトーネ)

グリッシーニ

  • 2007.05.01 Tuesday
  • 22:10
グリッシーニ(Grissini)は、クラッカーのような食感のスティック状の細長いパン。
イタリアのピエモンテ州トリノで生まれた。
イタリアのレストランでは、アンティパストとしてかごに盛られ提供される。
Breadstick
sv:Grissini
(Wikipedia:グリッシーニ)

グルテン

  • 2007.04.28 Saturday
  • 00:55
グルテン(英語 gluten)は、コムギ 小麦、ライムギ ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。胚乳内の貯蔵タンパク質であるグリアジンとグルテニンを、水分の介在下で反応させると結びついてグルテンとなる。弾性を示すため、グルテン前駆体の2種のタンパク質を含む小麦粉を水でこねると、グルテンが生成して生地に粘りがでる。パン生地などが発酵した時に、気泡が残るのも、生地がグルテンによって粘りをもっているためである。
小麦粉など、グルテン前駆体を持つ穀物粉に水を加えてグルテンを生成させ、それを水で洗うと水溶性タンパク質やデンプン粒が流出するので、グルテン塊を分離することができる。
(Wikipedia:グルテン)

プレッツェル

  • 2007.04.27 Friday
  • 00:52
プレッツェル(英語 Pretzel)は、独特な結び目の形に作られている焼き菓子のひとつ。パンでもある。南ドイツの町、例えばヴィースバーデンでは、他の町で焼きソーセージとパンをファーストフードとして売っているところで、これを売っており、軽食として人々は食べている。
小麦粉と酵母 イーストを原料とし、焼き上げる前に水酸化ナトリウム水にくぐらせ、岩塩の粒をまぶす。
:ラテン語ブラーキテッルム brachitellum に由来し、その語根は bracchium 「腕」である。腕組をしたような形を示している。古高ドイツ語 brezitella を経て、現代の諸方言につながっている。
プレッツェルが元来どこの食べ物であったかははっきりとしていない。多くの説がプレッツェルは”ブレーツェル” Brezel、あるいは”ブレーツェ” Brezeと呼ばれている南ドイツ(バーデン地方)の焼き菓子が広まったものだとしているが、ドイツとの国境に近いフランス・アルザスの料理であるとする説もある。中世ヨーロッパに作られたとする説もあれば、ローマ帝国だとする説やケルト人の菓子であったとする説もある。
(Wikipedia:プレッツェル)

シュトーレン

  • 2007.04.24 Tuesday
  • 01:06
『シュトレン』より : シュトレン(独:Stollen)は、ドイツのアドベント アドヴェントになくてはならない菓子。シュトーレンとも。
ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた長細いパンである。普通のパンと違ってかなり重くて日持ちがする。パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられる。自宅で作るほか、クリスマス・マーケットで買う事も多い。
シュトレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためについた。粉砂糖をたっぷりまぶしてあり、これが幼子イエスを産着で包んでいるというふうに見たてられているらしい。
(Wikipedia:シュトーレン)

ロールパン

  • 2007.04.23 Monday
  • 00:47
ロールパンは、パンの一種。パン種を小さく巻いて焼いたもの。出来上がりは細長い形をしている。
そのままは勿論、真ん中に切れ目を入れて具を挟んで食べてもいい。最初から切れ目が入れてあるものは「サンドイッチロールパン」と言う。
バター分の多いもの、レーズンの入ったもの、マーガリンを中に埋め込んだものなどがある。
ホットドッグ
焼きそばパン
パン ろーるはん
Bread roll
(Wikipedia:ロールパン)

スコーン

  • 2007.04.21 Saturday
  • 21:44
スコーン(Scone)は、スコットランド料理のバノックより重いパン。小麦粉、大麦粉、あるいはオートミールにベーキングパウダーを加えて焼き上げる。
スコーンは、アメリカ合衆国 アメリカでビスケットと呼ばれているものに良く似ているが、アメリカのビスケットがほとんどプレーンなのに対して、レーズンやデーツなどのドライフルーツを混ぜて焼き上げられることが多く、もっちりとしているという違いがある。北米のスコーンは、干し果物(レーズンの他、クランベリーも使われる)の他ナッツが使われることが多く、砂糖が多いのが特徴。砂糖衣を垂らすこともある。側面に割れ目が走っているのが特徴。
(Wikipedia:スコーン)

ブリオッシュ

  • 2007.04.18 Wednesday
  • 20:40
ブリオッシュ(フランス語 仏:Brioche)は、バターと卵を普通のパンより多く使った食品である。フランスの菓子。
名前の由来として、地方名のブリー (brie) や僧侶の座った形であるという説がある。
中世ヨーロッパではお菓子とされ、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットが言ったと伝えられる(実際はアントワネット自身の言葉ではない)「マリー・アントワネット#「パンが無ければお菓子を食べればいい」 パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに」に出てくる「お菓子」とは、このブリオッシュのことである。
サバラン
ケーキ ふりおつしゆ
フランスの食文化 ふりおつしゆ
(Wikipedia:ブリオッシュ)

サバラン

  • 2007.04.16 Monday
  • 22:36
サヴァラン (savarin) は、フランスの菓子 焼き菓子。ブリオッシュを切断し、紅茶味のシロップを染み込ませて冷やしたものにラム酒やキルシュワッサーをかけ、生クリームや果物で飾りつけたもの。
フランスの有名な食通、ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン ブリア=サヴァランから名前を貰った。
洋酒が入っているため、体質によっては食べた後に飲酒運転で捕まるケースもあり、注意が必要である。
ケーキ さはらん
フランスの食文化 さはらん
savarin
(Wikipedia:サバラン)

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

スポンサードリンク

レシピブログ

あっちゃんへメール

g解析

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM